マザーボード

はじめに

パソコンの中には沢山のプロセッサやらメモリやらが入っていて、マザーボードと呼ばれる大きな基盤に接続されています。このページでは、パソコンのすべてのパーツを接続する土台であるマザーボードについてお話します。

マザーボードって何?

マザーボードとは、パソコンの全てのパーツを接続する為の基盤です。それ自体に多数のコントローラチップを搭載して、無数のコネクタやポートまたはソケットなどがあり、そこにCPUやメモリ及び拡張カード、キーボード、HDD・・・と繋げていき、チップセットを中心に接続されたパーツたちはCPUの指示のもとパソコンとして機能していくのです。

また、パソコンは他の家電にはない特徴として、中身を開けて機能を拡張するという機能があります。このように拡張するためのスロットやコネクタは、このマザーボード上に配置されているのです。

マザーボードの中心にはチップセットがあり、マザーボードに接続された機器をコントロールします。マザーボードの性質はこのチップセットが決めますが、マザーボードの設計思想や品質で拡張性や性能などは大きくことなります。

どんなモン?

写真

マザーボードは(上図)の□で囲った部分に敷いてある大きな基盤です。CPUやメモリ、グラフィックカードなどが装着され、電源やHDDが接続されているのがわかると思います。小型パソコンやノートパソコンなどは、複数に分かれている場合もあります。

マザーボードの選択は、まずは自分の搭載予定のCPUに対応しているものの中から、チップセットやオンボード機能の有無、メモリスロットや拡張スロットの数などスペックを比較しながら選びます。数値で比較できない部分として、サポートの手厚さやBIOS設定の項目の豊富さなどがあげられます。

写真 写真

他にも、コンデンサ(左図)に高品質のものを使っていると安定性や寿命が期待できますし、基盤上にシルク印刷(右図)でピンやジャンパの説明があると取説がなくても設定できて便利だとか(=配慮が行き届いている)、見るべき所はたくさんあります。

主なメーカー

ASUSTeK Computer http://www.asus.co.jp/
写真

ASUSTekはマザーボードメーカーとして古くから最大手として君臨する、名実共にトップメーカーです。

豊富なラインナップと多機能で高い品質な製品で非常に人気のあるメーカーです。

Gigabyte Technology http://www.gigabyte.jp/
写真

Gigabyteはマザーボードメーカーの老舗で、現在ASUSTekと共に2大メーカーとして高いシェアを持ちます。

コストと品質のバランスのとれた堅実な作りで、多くのファンを抱えます。

Micro-Star International(MSI) http://www.msi-computer.co.jp/
写真

MSIはマザーボードメーカーとして老舗で、以前は3大メーカーの一角を担っていましたが、最近ではややシェアを落としています。

高品質ながらシンプルでコストパフォーマンスに優れた製品が多いです。