Fujifilm X とオールドレンズ

はじめに

α7 Sとオールドレンズのページですが、番外編ということでFujifilmのXシリーズのX-M1とオールドレンズの組み合わせをご紹介したいと思います。

もともとFujifilmラバーの私。画質に定評のあるXシリーズのイメージセンサーと画像エンジンでオールドレンズを使ってみたい!ということで試した結果がこのページです。Xシリーズは今のところフルサイズをラインナップしていないのでオールドレンズを使うには少々使いずらいので、普段はFujifilmの純正レンズと一緒に使っています。

イメージ

X-M1

使用機材はX-M1、『X-Trans CMOS』を搭載したレンズ交換式カメラではもっともリーズナブルな機種です。ええ、予算の都合でこれに落ち着きました。ただ、一部のフイルムシミュレーション以外は、Fujifilmの特徴であるイメージセンサをはじめスペックを見る限り画質面では上位機種と比較して遜色ないコストパフォーマンスが高い機種だと思います。

ちなみに、この機種の特徴はEVF非搭載でコンパクトな点なのですが、これオールドレンズにピッタリなのです。それもそのはず、もともとライカやカールツァイスのレンズは一眼レフではないレンジファインダー機のものなので、EVF非搭載のX-M1が似合って当然です。スタイリッシュさではα7 Sに完勝だと思いますが、ただマニュアルフォーカスはEVFがないときつい。。。(笑)

感想

個人的な感想としては、Xシリーズの画質はレンズも含めてトータルで実現しているようなので、私のウデではオールドレンズを使ってもXシリーズの良さは引き出せなかったというのが正直なところ。システムで比較するとα7SよりもX-M1の方が繊細な描写と感じることもあるのですが、オールドレンズとの組み合わせではXシリーズの特徴でもある発色がイマイチで、α7 Sの方がレンズのアジをうまく表現できているように思います。

X-M1 with Summicron 50mm F2

XシリーズとLeicaの銘玉 Summicronの組み合わせです。画角が中望遠となり私の苦手な分野なので、もうちょっと上手な方がとればいい絵がとれるかもしれません。

イメージ Image

α7S + Summicron 50mm F2 ISO400 F2 1/850 Velvia

Image

α7S + Summicron 50mm F2 ISO200 F4 1/110 -0.7 Monochrome

Image

α7S + Summicron 50mm F2 ISO400 F4 1/550 +0.3 Monochrome

Image

α7S + Summicron 50mm F2 ISO500 F4 1/60 Monochrome

Image

α7S + Summicron 50mm F2 ISO320 F2 1/60 Velvia

Image

α7S + Summicron 50mm F2 ISO800 F2 1/50 Velvia

X-M1 with Sonnar 50mm F1.5

初めて海外でオールドレンズを使ってみました。本当はSummicronを使ってみたかったのですが、盗難が恐くてSonnarにしたチキンな私です。でも、Sonnarの描写がマッチしていたのでコレはコレでよかったと思っています。

イメージ Image

α7S + Sonnar 50mm (75mm) F1.5 ISO800 F1.5 1/58 -1.0 Monochrome

Image

α7S + Sonnar 50mm (75mm) F1.5 ISO800 F1.5 1/28 -0.3 Monochrome

Image

α7S + Sonnar 50mm (75mm) F1.5 ISO500 F1.5 1/60 -0.7 Velvia

Image

α7S + Sonnar 50mm (75mm) F1.5 ISO640 F1.5 1/60 -0.7 Velvia

Image

α7S + Sonnar 50mm (75mm) F1.5 ISO800 F1.5 1/58 -0.3 Velvia

Image

α7S + Sonnar 50mm (75mm) F1.5 ISO400 F1.5 1/150 -0.7 Velvia

Image

α7S + Sonnar 50mm (75mm) F1.5 ISO400 F1.5 1/60 -1.3 Velvia

Image

α7S + Sonnar 50mm (75mm) F1.5 ISO400 F1.5 1/170 -1.0 Monochrome

X-M1 with Planar 50mm F1.4 + BAVEYES

これは、唯一フォーカルレデューサーを搭載して画角を合わせています。しかももとがF1.4ですから1段上がってF1.0相当!ただ、間にレンズが入るのでレンズ本来の絵とは若干ことなってしまうのは仕方がありませんね。

イメージ Image

α7S + Planar 50mm F1.4 + BAVEYES ISO800 F1.4 (F1.0) 1/7 -0.3 Velvia

Image

α7S + Planar 50mm F1.4 + BAVEYES ISO400 F1.4 (F1.0) 1/480 -0.3 Velvia

Image

α7S + Planar 50mm F1.4 + BAVEYES ISO800 F1.4 (F1.0) 1/25 -0.3 Velvia

Image

α7S + Planar 50mm F1.4 + BAVEYES ISO400 F1.4 (F1.0) 1/120 -0.3 Velvia